社会福祉法人春和会

江戸川さくらの杜ブログ

柚子湯

2017年12月15日

冬至には少し早いですが、柚子湯を行いました。因みに今年は12月22日が冬至との事です。所でなぜ冬至に柚子湯をいれるのか知っていますか?

諸説色々とあるみたいなのですが、

①一説に湯治(とうじ)と冬至(とうじ)との語呂合わせ。

柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至「湯治」

③運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)だと考えられている。

④冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りのもとには邪気がおこらない。

と色々と理由がありました。

 

効能としては、血行を促進して冷え性を緩和したり、体を温めて風邪を予防したり、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果がある。芳香によるリラックス効果もあるから、元気に冬を越すためにも大いに役立つとの事でした。

さて、江戸川さくらの杜には中庭に柚子の木があり、ちょうど収穫出来るサイズになりました!

yuzudorobou.JPG

※無農薬の柚子を全力で収穫中。

特別養護老人ホーム、ショートステイ、軽費老人ホームまで、全てのユニットで出来る量が収穫出来ました!!!

さっそく柚子湯を入れて入浴です。

『こんなの久しぶりね。』

『もうそんな時期になったのか。』

『たまにはこういうのも良いネ』

入居者様.JPG

入浴された皆様からは、喜ばれるようなお言葉を多くいただけました。

今年も残すところ約2週間!

今年も、来年も、再来年も、皆様ずっとお元気でいてください^^